So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

Gaff rigのこと(続き) [ヨットの話題]

今日は、Falmouth(ファルマス)の少し北にあるRestronguet(レストロンゲット)Creek(クリーク:入り江とか小湾の意味)で、レースがありました。

DSCN1505.jpg

DSCN1504.jpg

DSCN1500.jpg

DSCN1494.jpg

DSCN1496.jpg

こちらはShrimper19'。7艇ほどレースに出ていました。

下の地図では、水深までは伝わりませんが、この入り江は本当に狭い、浅い。


大きな地図で見る

そして極めつけは湾の中央部に満潮時のみ水面下に隠れる浅瀬があります。

そして岸の近くは深いところと浅いところがあり、地図上部の堤防に設営されたレース運営本部および観覧席から放送で「そのまま行くと乗り上げるから、ジャイブするように」とかアドバイスをくれるのですが、それでも目撃しただけで、5艇は浅瀬(砂)に乗り上げていました。

このレースは、満潮になる1時間と少し前から始まりますので、スタート前に乗り上げたとしても、船の方向を深いほうに向けて少し待っていれば、無事に脱出出来ます。

今日は、前回紹介しましたFalmouthで一番美しいWorking boatといわれるStellaにお邪魔しましたので、彼女の写真を紹介しつつ、前回のつづきを。

DSCN1400.jpg

写真はクリックで拡大します。

DSCN1402.jpg

DSCN1403.jpg

木目のラブレールとトランサムがなんとも上品です。

DSCN1405.jpg

DSCN1448.jpg

DSCN1451.jpg

コクピットには何もありません。

DSCN1523.jpg

リギン屋さんのモーティーがメンバーですからロープや艤装品はどれも完璧です。

DSCN1513.jpg

ジブセール用のシートは距離があるので、微風時にシートの重さでセールシェイプが崩れないようにテーパー加工が施されています。

DSCN1528.jpg

船体長の半分くらい有りそうなバウスプリットは、毎年ニスを塗り替えますのでピカピカです。

DSCN1533.jpg

トップスルは赤と黒の縞々です。

トップセールの話がでたところで本題です。

ガフリグのお話。

ガフリグ、ガフリグと言いますが、馴染が無い人にはさっぱりですね。

まず最初にガフというのは、四角形のメインセールの上辺を支える棒のことです。

私見ですが、その昔現在のようにアルミニウムやカーボンファイバーのような材料が無く、木材が唯一の材料であった頃、長いマストというのは、いろいろと問題があったように思います。

たとえば、つなぎ目のない長いマストを作るには、コスト面や十分な強度を出すためにどうしても重量が大きくなってしまいます。また、現在のように艤装品も豊富では無いですから、メインセールのラフをマストに沿わせるには、下の写真のようにマストをぐるっと取り囲むようなシートが必要で、その為に三角帆のようにマストの先端までセールを揚げるためにはスプレッダーなどは設置できません。それによってまたマストに必要な強度は増えてしまいます。

DSCN1459.jpg 

そういった理由で、短いマストでセール面積を大きくするために、このガフが発明されたのではないでしょうか。

次にその操作ですが、一般的な三角帆と異なり、ガフリグはメインセールを揚げるために通常2本のハリヤードを操作する必要があります。

2parthal.jpggaffmast.jpg

The Gaff Rig Handbook by John Leather

ひとつはガフの根元(throat:スロート)を持ち上げるスロートハリヤード、もうひとつはガフを跳ね上げる為のピークハリヤードです。

ガフ自体に重さが有りますので、図のように通常どちらもテークルが組まれています。

そしてこのピークハリヤードにはセール面積(ガフのサイズ)によって、下の図のようにいろいろなアレンジがあります。

JL_haly2.jpg

さて、スロートハリヤードとピークハリヤードですが、これらはただセールをあげる為だけに使われるのではなく、セールトリムにも使われます。

三角帆では、カニンガム(ダウンホール)でラフのテンションを調整し、最大キャンバー位置を調整しますが、ガフメインではスロートハリヤードがその役目を果たします。

そして、ピークハリヤードはリーチのテンションを調整出来ます。また、ピークハリヤードのアレンジによっては、ガフの曲がり具合を調整することで、微妙にシェイプをコントロールすることが出来ます。

基本的な理論は三角帆と同じで、風が強くなるほどセールをフラットに、そして最大キャンバー位置を前方に移動させパワーを減らしてやります。そして、もっとパワーが欲しいときもしくはリーチングではセールに深みをもたせます。

これをガフメインに応用すると風が強くなるほど、スロートハリヤードにテンションをかけ、リーチングでは両方のハリヤードを緩めてやるのが良いということになります。

本日お邪魔したStellaは、上の図でいうとeのものに近いのですが、独立したピークハリヤードが2本ありそれによってガフのベンド具合を調整でき、メインセールのシェイプをより微妙にコントロールできるようになっていました。

まぁ結構面倒なわけですが、これをきちんと行うのと行わないのでははっきりと差が現れます。

少しの冒険心と探究心をもって海に出ることこそセーリングの醍醐味と思います。その意味でガフリグというのは、自分にとってとても魅力のあるものに感じます。

8月に日本に到着するCornish Crabber 24'はガフリグでトップスルも装備しています。仕事を忘れてセーリングを楽しんでしまいそうです。

 

航祐



Twitterボタン

 

おまけ

V-32_1.jpg

V-32.jpg

ガフリグのラジコンヨット。V32というクラスだそうです。

star.jpg

スター級もその昔はガフリグでした。

DSCN1518.jpg

The best yacht of the day

シェアラインは割とストレートですが、低い乾舷とトランサムのレーキ具合がとてもそそるものがあります。また、トップスルの柄もこだわりを感じます。

DSCN1465.jpg

こんな小さなヨットまでガフリグです。

統計を取ったわけではありませんが、Falmouthでセーリングしているヨットは、実はガフリグの方が多かったりして。。。


Falmouth working boat とかGaff rigについて [ヨットの話題]

今週末、私が住む街Falmouth(ファルマス)では、Falmouth Working Boat Championshipが開催されておりました。

詳しくは、Falmouthの情報サイト「the Packet」へ(クリックで移動)

 金曜土曜と用事があり日曜日こそは、どこかのボートに乗せてもらおうと期待していたのですが、朝起きてみると残念なことに凪。。。

こんな日にちょっと太目の自分を乗せてくれるところは無いだろうと諦め、ハウスメイト二人にカメラを託し、自分は岡の上から指をくわえて眺める。そんなちょっと切ない午後を過ごしました。

さて、彼らが帰ってきて写真をチェックしてみると。。。。

DSCN1391.jpg

DSCN1396.jpg

 まぁ、良いのですが。。。

彼らが乗っていた艇は、Falmouthいや世界で一番美しい(ローカルなクラスですから)と言われるFalmouth working boat(ファルマス・ワーキングボート)その名も「Stella(ステラ)」。

もっと自艇の写真を取って欲しかったのですが、レースに夢中でそんな暇は無かったということで諦めましょう。

 DSCN1386.jpg

左からハウスメイトのケリー、リギン屋のモーティー(ちなみに本名はピーター)、ヘルムの人は存じ上げません。右のメガネの彼がBoat bitchと呼ばれているバッシャー(なんでも叩いて壊す:バッシュする人という意味。本名はベンジャミン)です。

あともう一人は後ほど出てきます。

ワーキングボートはもともと牡蠣を獲る漁船として発展してきたヨットなもので、ご覧のとおりコクピットにはベンチもありません。

DSCN1394.jpg

しかもレース中はヘルムスマンの視界を確保するため、このような姿勢に。

海面とフリートの状況を常に見ていたい自分としては些か不満なのですが、それがこの艇のスタイルですから仕方ありません。

この写真で少し見えていますが、無骨な艇が多いこのクラスでチークデッキを施しているのはこの艇くらいでしょう。

DSCN1387.jpg

チークデッキですが、この狭いサイドデッキを立って移動することはほとんど無い(船への乗り降りくらい)ですし、フォアデッキもランニング時のウィスカーポールを支えておく↓くらいなんです。

DSCN1392.jpg

あ、彼がもう一人のハウスメイト、エディー(本名はジェームス)です。

彼は、つい最近までインド、ネパールを周りヒマラヤをトレッキングしてきたばかりなので、格好が少し中東っぽいですが、イギリス人いや彼が言うにはイギリス人ではなくウェリッシュ(イギリスの一部の地方ウェールズの人)だそうです。しかし、インドやネパールでは「それどこの国?」と聞かれ少し凹んで帰ってきました。

 

話がそれましたが、そろそろ本題に。

私はガフリグがとても好きでして、なぜかとても心惹かれるものを感じます。

もちろんセールにまつわる流体力学を勉強しましたので、バミューダンのようなアスペクト比(縦横比)の高いセールの方が流体力学的に「効率」は良いのは理解しています。

しかし、人々がヨットに求めるものというのは多様であり、またその用途や限界もさまざまです。

以前のエントリー「ガフカッターとバミューダン」でも話題にしましたが、ガフリグにはヨットの種類やセーリング角度によってそのすばらしい利点が活きてきます。

たとえば、

以前紹介したこのグラフ(少々難解)ですが、

"Sailing Theory and Prctice" C A Marchajより
3ea218bb.jpg

"Sailing Theory and Prctice" C A Marchajより

 

まずはこのグラフの見方のおさらいから。 

1、縦軸はセールが発生する揚力係数、横軸は抵抗係数。

補足:ここで係数というのは、面積辺りの無単位係数としてあらわしています。これによって面積が異なるセールを効率の意味で比べることが出来る。

2、グラフの各ライン上の角度αは、セール(ブームの中心線)と見かけの風がなす角です。たとえば、あるヨットが見かけの風に対して、35度でセーリングしているとします。そしてαが10度だとすると、進行方向に対してのブームの角度は25度ということになります。

3、そして、今グラフの原点に描かれているヨットと原点から各ラインのα=10度に向かって伸びている矢印線に注目してください。この矢印線は、セールが発生する揚力の大きさとヨットの進行方向に対する角度を表しています。そして、この矢印は二つの方向に分解することが出来て、ひとつはヨットの進行方向に対する力、つまり推進力にもうひとつは、進行方向に対して垂直、つまりヨットをヒールさせる力をあらわしていると言えます。

ここまでで分かったことは、たとえば、図の通りにヨットがセーリングしているとすると、α=10度のAR=6とAR=1/3のポイントを比べてみると、前者のほうが推進力もヒールさせる力も大きいことが分かります。

4、そして次に個々のラインを見ていきましょう。まず結論から。ここで何が分かるかというと、それぞれのアスペクト比での最適なα、つまりトリムアングルが分かります。AR=3のセールでα=15度と10度と5度のポイントを比べて見てください。それぞれ前述の方法で、推進力とヒールさせる力に分けると、5度のときヒールさせる力は最小で15度がもっともヒールさせる力が大きいですね。また、推進力はというと、5度の時が一番小さいことは自明ですが、10度と15度では後者の方がほんのわずかに高い推進力がありそうですが、あまり差が無いように見えます。つまり、そのときの風の強さによってヒールさせる力を受けれるようなら、ブームを沢山引き込めば良いということです。

さて、今まではヨットの進行方向がクローズホールドの場合を見てきましたが、ヨットが見かけの風に対してアビームの場合はどうでしょうか。今度はAR=6とわれらがガフリグAR=1を比べて見ましょう。不器用な図で申し訳ありませんが、ちょっと書き込んでみました。

90.JPG

基本的な見方は同じですが、ヨットの進行方向が上向き(見かけの風に対して90°)なのに注意してください。

さて、この場合に前述の二つのセールの最適なαを探すとそれぞれ15度と38度になることが分かります。そして、それぞれの推進力を比べてみますと、われらがガフリグの方が20%近く大きい事がわかります。(そのかわりヒールさせる力は4倍以上ですが。) 

つまり、ガフリグはバミューダンリグと比べて、より重たいヨットを同じスピードで走らせる事が出来ます。(もちろん、いくつかの仮定の下ですが。ここではややこしくなるので、またの機会に。)

すばらしいですね。

Falmouth working boatのように、牡蠣とり(底引き)船 には、ぴったりなわけですね。

また、それだけでなく色々装備をつんで排水量の大きなクルージングヨットの場合でも、実はガフリグの方があっているという訳です。

しかし、ガフリグはバミューダンと比べて扱いに慣れていないとちょっと手が出にくいですね。そこで、本当はこのエントリーでガフリグの各部位の説明やトリムについて、お話したかったのですが、長くなってしまいましたので、続きは次回とさせてください。

 

航祐



Twitterボタン

iRhino & Sailboat Championship (iPhone&iTouchアプリ) [雑記]

先日ようやく日本でも、iPadが発売になり話題になっているようですね。

自分はというと良いなぁと思いつつも、マルチタスクになるまでは様子見かなと思っております。

しかし、近頃実感したのですがiTouchやiPhoneですが、自分の周りでは若い(10代、20代)方よりも30代以上のかたの方が、その機能やtwitterやfacebook、flikker等のコミュニケーションツールを自在に使いこなしているように感じます。

さて本題ですが、iPhoneやiTouchをお持ちの方はたくさんおられると思います。
みなさん人それぞれ使い方はいろいろでしょうが、App Storeからはたくさんのアプリが発売されております。
今朝、メールチェックをしていると私がモデリングに使っているソフトウェアのRhinocerosの開発元からiRhino発売のお知らせが届いており、ざっと読んでみるとどうやらRhinocerosで作成したファイルをiPadやiPhoneで表示出来ると書いてあるではないですか。今までは、Rhinoでレンダリングした物をbmpやjpegで保存してiTouchにDLしていたのもが、そのままで回転させたり拡大縮小できると。

2.jpg
大学時代にグループデザインで作成した15m。ハルとキール、ラダーの設計とモデリングを担当。
担当外とはいえ、デッキレイアウトは今見てみると気になるところがたくさんありますがスルーして下さい。

で、仕様を良く読まずに早速iTuneストアにてぽちっとしたわけですが、いざ使ってみるとiPhoneやiTouchでは、自分が作成したファイルを表示する為には、Googleドキュメントもしくはどこかのサーバーにアップロードした後、それをダウンロードする形でしか表示できないと分り、めんどくさいなと思いつつ450円も払ったのだからとiRhinoサポートを見ながらいろいろ試したのですが、今のところファイルを開けておりません。。。

Forumを見てみると、どうやら同じ問題を抱えている人が結構いるようで、結論的にはiPadを買うかソフトウェアのアップデート待ちになりそうで、がっかりでした。

という訳で、このアプリは私が自分で使い方を把握するまではリンクを張りませんが、iPadをお持ちの方は検索してみて下さい。

さて、もう一つアプリを紹介したいと思います。


sailboat championship.jpg

ヨットレースのアプリです。
操作はセールのトリムとヘルムですが、潮の流れやガスト、風のシフトなどもあり結構本格的な作りになっています。
セールトリムを誤るとグラウンディングしたかのように艇速が止まってしまいます。
これは有料版ですが、練習用の無料版もあります。セーリングの後の話のネタに如何でしょうか?

今日はレースの日なのですが、予報を上回る風のなさ&なぜかこんな風の無い日に全員登場だったのでパス。
スキッパーに潮と風の予報だけは伝えましたんで、役割は果たしたということで。

航祐

Falmouth(ファルマス)のセーリング事情 [ヨットの話題]

ここイギリスのCornwall(コーンウォール)州のFalmouth(ファルマス)では、セーリングシーズン中は平日を含めて週4~5日のペースでレースが行われています。

たとえば、火曜日、土曜日はFlushing Sailing Club(フラッシング・セーリングクラブ)主催でFalmouth Working boatを含む各クラス、水曜日、日曜日はRestronguet(リストロンゲット)sailing club主催、金曜日はRoyal Cornwall(ロイヤル・コーンウォール)Yacht Club主催でポイントレースがおこなわれ、それ以外にも単発的に各クラブがレースイベントを開催しています。

私もJ24のチームにレギュラーメンバーで参加させてもらっており、毎週金曜日と月に1、2回週末の単発レースで楽しんでいます。
チームでの自分の役割はと言いますと、マスト周辺でハリヤード操作やフォアデッキの補助、そしてタクティクスを担当しています。

ディンギーでのレース経験はそこそこあるのですが、キールボートではほとんどド素人(特にヘルム以外のポジション)でしたが、回を重ねるごとに余裕も出て来てどんどん楽しくなってきております。

特にここファルマス(下の海図)では、潮の満ち引きの影響で潮流の向きがとても複雑で湾内の深い部分では、潮流が最大1ノットにもなります。

chart falmouth.jpg

ディンギーレースをしているときは、特に潮流などはよく考えなかったのですが、この海域では如何にこの潮流を味方に付けるかで随分結果が変わってくるようです。
また、風向きによってうねりがある場合は陸の地形を踏まえそれも考慮に入れなければなりません。

左サイドバーのtwitterでもつぶやきましたが、この湾の潮流の特徴をつかむ為に、今日Chandlery(チャンドュリー←発音が難しい。チャンドラーとも言う。船具屋さんの事)にこの海域の海図を買いにいったのですが、そこでRYA(Royal Yacht Assosiation 英国王立ヨット協会)発行のその名もズバリ『Tactics』という書籍を発見しました。
中身に目を通すとどうやら潮流への対処に付いても記述があるようでしたので、早速Amazonで購入しました。

また、面白い内容があればぜひ紹介したいと思います。

28_5_2010.jpg
スタート前の様子。写真中の人物はBarnaby Peters氏オーナー兼ヘルムスマン。

from_street.jpg
Chandleryに続く道

to_street.jpg
Chandlery側から奥に人が見えるように、メインストリートから海側に向かって小道をとおり、堤防のそばに店舗があります。
知っていないと辿り着けません。

chandlery.jpg
右側に船首のペイントが施されている建物が店舗です。
船内の様子は失念しました。すみません。
また機会があれば。


航祐


Twitterボタン

自己紹介 [ごあいさつ]

こんにちは。

移転後、初エントリーとなります本日は、このブログの方向性と自己紹介をしたいと思います。

ブログ『OP便り』の方からお越しいただいた皆様は、すでに私の事および状況をご存知の方もおられるかと思いますが、このブログ『よっとでざいなーへのみち』は、日本OPヨット株式会社が管理するブログ『OP便り』の小ブログとして、イギリスからこちらのセーリング文化やヨットデザイン、セーリング理論等、主にヨットに関する話題を発信していきたいと思います。

なぜこのブログが『OP便り』の小ブログなのかと申しますと、現在私は日本OPヨットのイギリス事務所として、イギリスにて建造されていますCornish Crabberシリーズの製造元でありますCornish Crabbers LLP社やポーランドのYacht Service社ほかヨーロッパの各造船所との一切のやりとりを受け持つと共に、日本の顧客の皆様ともお付き合いをさせて頂いております。
また同時に、こちらイギリスで個人から依頼されたヨットの設計や日本オーピーヨットにて販売するヨットの設計などをしつつ、ある時はリギン屋さんで、ある時はスキッパーの依頼をうけてスーパーヨットの修理整備などのお仕事をさせて頂いております。
そういた関係で、このような形態をとらせて頂いております。

どうぞこれからも永いお付き合いを宜しくお願い申し上げます。

さて次は、私自身のヨットとの関わりを簡単に紹介させて頂きます。

幼い頃から父親に連れられてヨットに乗る機会がたくさんあったのですが、小学校1年生のときに琵琶湖のヤマハのヨットスクールに通い出してからは、むしろヨットから遠ざかろうとしていた傾向があるようです。
風が強い日等は、ディンギーのオーニングの中に隠れたりマリーナから逃げ出したりと、とても手のかかる生徒だったと記憶しています。
そんな影響もあり、小学校高学年から高校卒業まではヨットから距離を置いていました。
しかし、大阪府立大学ヨット部でスナイプに出会ってから、本格的にヨットにのめり込んでいきました。

その後、2003年末にハンブルグのボートショーに行かせて頂く機会があり、そこでたくさんのヨットやそれに関わる人々を見たときに大変感銘を受け、『もっとヨットについて勉強したい』と思い、また有り難い事に両親の助けもありイギリス行きを決意、2004年4月にはこちらにきていました。
こちらの学校は9月スタートなのですが、学生時代英語が全くと言ってよいぐらいダメだった私は、渡英した年には英語の能力が足りず希望した学校には入学できず、現在住んでいるCornwall(コーンウォール)州のFalmouth(ファルマス)という小さな町にあるでボートビルディング(造船)を一年間勉強し、2005年にUniversity of Plymouth(プリマス大学)のSchool of Engineering(工学部)Marine Sports Technology学科に入学しました。
大学では、ヨットの設計に必要なほとんどの事、たとえば造船工学を初めとして流体力学、構造力学、材料工学、航海学、デザイン、ビジネスおよびマネジメントなどを学び、在学中にはThe Royal Institute of Naval Architecture(RINA 英国造船学会)からは奨学金や、また卒業研究に対してStudent Naval Architect Award(学生造船学者賞とでも訳すのでしょうか)を、The Institute of Marine Engineering, Science&Technology(IMarEST 海洋工学、科学および科学技術学会)からは、The Prize for the Graduate with outstanding performance(最優秀学士賞)を頂き、2009年夏にFirst Class Honours(最優等学位)にて卒業させて頂きました。
このような結果を残す事が出来たのは、一重にお付き合い頂いていたお客様や友人、クラスメイトそして両親など多くの人々に力を頂いたからこそだと感謝しております。

大学時代の履修科目に付きましては一部過去のエントリーで紹介しておりますが、また機会をみて紹介していない科目や卒業研究についてもお話出来ればと考えております。

このブログを通して、イギリスのセーリングシーンや自身が関わる設計についてお話でき、また皆様との交流を通して自分自身も成長し、日本におけるセーリング文化が盛んになる一助になればうれしく思います。

どうぞこれからも宜しくお願い申し上げます。

航祐

前の5件 | -